株式投資をすることで得られる事

株式投資で得られる事とは

株式投資をすることで得られる事 header image 2

「会社四季報」「日経会社情報」における株式・財務欄読み方

2014年06月24日 · コメント(0) · 未分類

会社四季報および日経会社情報には、投資家が投資を行う際に、投資先の会社の業績などの情報を収集したり比較を行うために利用出来る情報が掲載されています。

また、会社の概要を知る目的でも利用可能な情報誌で、四季報は東洋経済新報社より発行されており、日経会社情報は日本経済新聞社より発行されています。
尚、どちらの情報誌も毎年3月、6月、9月、12月に発行されています。

会社情報の中に株式・財務欄が有りますが、財務欄には会社の経営における基盤になる資金に関する項目が掲載されています。

因みに株式と言うのは、会社の資本の構成単位です。
株式会社などが発行をする出資証券の事を株式と言います。
尚、株式は銀行からお金を借りると言うものでは無く、市場からのお金の調達と言う特徴が有ります。shopping01_l

株式・財務欄の見方を簡単に説明します。
発行済み株式数と言うのは、会社が現時点までに発行してきた株式数を現します。
売買単位と言うのは、株式の売買の際に必要な株数を意味しています。
総資産と言うのは、その会社が持っている全ての財産を意味しています。
自己資本比率と言うのは、会社が持つ全ての資産の中で自己資本が占める割合になります。
また、自己資本は貸借対照表の純資産の部における株主資本および評価・換算差額等を合計したもので、自己資本比率が高い会社ほど、債務が少なく、健全性が高い経営を行っていると言う見方が出来ます。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。